【モバイル】

怪しげな…

3姉妹はいいでつなぁ~

深キョンなんか年々、若くなってる感じ…

そりより早く、WiMAX通じるようにしてほしいでつなぁ~

入るときにアヤフヤな言い回し…

ありってなんかなぁ~

電池が…

ポケットWi-Fiいいけど、電池が短いでつなぁ~

なんとかならないかなぁ~

待機してても1日持たない…

戦略が…

情報社会のスピードはすごいなぁ~

ここでの選択肢でつなぁ~

読みが結構…

HPスマホ

本命が出ましたなぁ~

さてどんな感じかなぁ~

電気屋さんへゴーでつなぁ~

おニューのグーグルフォンでつなぁ~

米グーグルの最新スマホ「ピクセル」が欧米で発売されて、11月末のブラックフライデーでは米アップルのiPhoneよりも売れたと伝えられるヒットとなっているでつ。

ピクセルは、これまでのような画面タッチだけでなく、人工知能(AI)を活用した音声による操作も可能にするなど、未来を感じさせる機能を盛り込んだスマホ。
日本での発売は残念ながら未定。
海外で5インチのピクセルを入手し現地で使ってみて、iPhoneに対抗するモデルとして作り上げてきたグーグルの「本気度」がすごいみたい…
グーグルブランドのスマホとして、これまでは「ネクサス」シリーズを提供。
このネクサスシリーズはグーグルの基本ソフト(OS)「Android」の最新版をいち早く搭載するパイロット的スマホ。
「アンドロイドの世界観を他のメーカーに示すもの」と開発コンセプトを語ってけど、とにかく最先端のアンドロイドを体験できるスマホとして、
新しもの好きやアプリ開発者などを狙った商品。
だけど、ここにきてグーグルはその方針を大きく軌道修正し始めたでつ。
今回「ピクセル」という新たなブランド名に変えてきたのは、グーグル自らiPhoneに対抗するスマホを提供しようと考え始めたからみたい。
ピクセルは、5インチのピクセルが649ドル、5.5インチのピクセルXLが769ドルという2モデル構成。
4.7インチのiPhone7(32GBモデル)が649ドル、5.5インチのiPhone7プラス(32GBモデル)が769ドルと、まさにぴったり同じ価格にぶつけているでつ。
グーグルがアップルを意識して値付けをしているのは明らかでつなぁ~
ピクセルは、背面上部がガラスで下部に金属を採用しているのがデザイン面での特徴。
この背面にある指紋認証部分に指を触れるとロックが解除するでつ。
アンドロイドの言語設定を英語にすると、目玉機能であるAIによる「グーグルアシスタント」が使えるでつ。
英語で「自分の写真から、子供が写っている写真を見せて」と話しかければ、自然な会話の形式で応じてくれて、保存してある膨大な写真の中から
目的の写真を探し出して一覧で見せてくれるでつ。

グーグルは、写真の被写体を認識しているだけでなく、検索技術と組み合わせ、ユーザーが欲しい情報をすぐに引き出してくれるでつ。
このように、グーグルアシスタントさえ起動すれば、その後はすべて音声の会話で完結してしまうでつ。
アプリを立ち上げて、いちいち文字を入力して検索するという手間が大幅に省けるでつ。
iPhoneでも音声アシスタントの「Siri(シリ)」が存在感を増しているが、将来的には「パーソナルエージェントの賢さ」が
スマホを選ぶ上で重要になってくるでつなぁ~

スマホの進化はすごいでつなぁ~

 

基数による…

10の基数とした表記で2TBのHDDの容量は、2を基数とした場合の情報量は…

10を基数とると、10の12乗、2を基数とすると2の40乗になるでつ。ちなみにKの場合、10の3乗、2の10乗となるでつ。Mの場合、10の6乗、2の20乗、Gの場合は、10の9乗、2の30条になるでつ。

10進の2TBは、2進の2TBより小さいでつ。

こりは、よく覚えておかないと…

通信は…

LANにおけるノードの送信動作について以下の動作確認をすると…

各ノードは通信媒体が使用中か調べる、使用中でなければ送信を行う、送信中に衝突を検出したらランダムな時間経過後に再度送信を行うのは、CSMA/CDになるでつ。

参考にATMは、セルと呼ばれる固定長データを基本的な通信単位とし、非同期にセルの送出が可能な通信方式。

トークンパッシングは、ネットワーク上にトークンという送信権の所在を特定するデータを巡回、ノードはトークンを受信したタイミングで送信するでつ。

HDLCは、特定のビット列で最初と最後のマッチングしたフレームと呼ばれる単位でデータ通信するでつ。

TDMAは、無線通信における回線多重化方式の一つ。通信を行う周波数をタイムスロットと呼ばれる時間単位に分割し、同一周波数で回線の多重化を達成するでつ。

 

チェックデジットは、入力したデータ値が定められた範囲内に収まってるかをチェックするでつ。

 

セキリティを…

しっかりしないといけないでつなぁ~

 

公開鍵暗号方式は、暗号カギと複合カギが別々に設定でき、暗号鍵のみでは復号鍵が推測できない暗号方式。送信者は受信者の公開した暗号鍵(公開鍵)で暗号化し、受信者は自分の秘密にしている複合鍵(秘密鍵)により解読するでつ。

 

共通鍵暗号方式は、暗号鍵と復号鍵が共通の暗号方式。第三者にかぎを知らせないように工夫するのが必要。秘密暗号方式も共通暗号鍵の方式の別名でつなぁ~

 

DESは、IBMが開発したアメリカのスタンダードでつなぁ~、共通暗号方式の一種でつなぁ~現在は単独で使用されなくて、別々のカギで3回処理するトリプルDESが用いられるでつ。また、AESを用いられることが多くなったみたいでつなぁ~

 

デジタル署名は、デジタルでーたにおいて、特定の著者であることを証明するために付加するものでつ。公開鍵暗号を応用して作成するでつ。あるデータを秘密鍵で暗号化し、そのデータに平文と暗号化したデータを並列して一般公開するでつ。確かにその人が暗号化したものかどうか調べるには、その人の公開鍵で復号し、平文と一致するこを示すでつ。一般には文章のダイジェストに対して、デジタル署名を付加するでつ。

 

ダイジェスト/ハッシュは、ある程度の大きなデータを用いて、一定の計算をして、1対1に対応する小さなサイズのデータにすることでつ。デジタル署名に使用されるでつ。またハッシュ関数の一種でもあるでつ。データの圧縮とは異なってダイジェストから元のデータにすることはできないでつ。元のデータを改ざんすると生成されるとダイジェストは大幅に異なる性質を持つでつ。MD5やSHA-1,SHA-256などのハッシュ関数により生成するでつ。ハッシュj関数とは、あるデータから一定の計算をして一意に決まる数値を求めて、その数値から元のデータから容易に求めることが出来ないという性質を持つ関数でつ。ハッシュ関数でお求めた数値をハッシュ値というでつ。

 

SSLはインターネット上での経路において、第三者の盗聴や改ざん、成りすましを防御できる通信プロトコルの一種。経路上のセキリティを守るもので、PCやサーバに保存されたデータを別の経路へ漏れないようにする場合は、SSLではできないでつなぁ~

 

脆弱性は、OSやアプリケーションが一定の攻撃に対して弱いこと。セキリティホールは、データを工夫することで攻撃者が意図的なコードを実行可能な場合があるでつ。このような不具合をセキリティホールというでつ。こりは、メールやOS、Web等のアプリケーションの弱点でもあるでつなぁ~、Webの閲覧やメールの送受信でも不正プログラムに感染することがあるでつなぁ~、アップデートによってその弱点が解消されないと攻撃にさらされるでつなぁ~

 

インターネットのメールは、平文で送られるから盗聴されやすいでつなぁ~、ハガキに近いでつなぁ~

 

ウィルス対策ソフトは、ウィルスチェッカー、ワクチンソフトとも言われるでつなぁ~。一般的に既知のウィルスの特徴に記したパターンファイルを用意し、パターンマッチングにより、ディスクおよびメモリ上のデータがウィルスかどうか判別するでつ。パターンマッチングを用いるため、未知のウィルスは検出できないでつなぁ~

外モチは…

ワイマックスの端末、電池の消耗すごいなぁ~

USB付いてないときついなぁ~

アップルではちと…

ワイマックスは…

やっぱ~早いなぁ~

でも家の中でも電波が受信できるとことないとこがあるでつなぁ~

安定して受信できるようにしてほしいでつ!

フェイスブックの対話アプリ AIでアップル対抗

フェイスブックがスマートフォン用のメッセンジャーアプリを出したのは2011年。

14年からはスマホでメッセージを送受信するには、このアプリをインストールしなければならなくなったでつ。

少々強引な手法に賛否両論はあったでつが、現在は全世界で8億人以上が利用しているでつ。

フェイスブックユーザーの約半分にすぎず、まだまだ伸びしろがあるでつなぁ~。

最近フェイスブックがこのメッセンジャーアプリの機能を急速に拡充。

まだ米国だけの話だが、メッセージの送受信の枠を超えているでつ。

直近では昨年12月に米ウーバーとの提携を発表し、フェイスブックのメッセンジャーから直接配車を依頼できるサービスを始めたでつ。

実際に使ってみた感じは、メッセンジャーで友人と今夜行く予定のレストランの場所をやり取りし、友人から送られてきた住所を長押しすると「リクエスト ア ライド」と表示され、車を呼ぶことができたでつ。

これまでは住所をコピーし、ウーバーのアプリを開いてから、その住所を目的地の部分にペーストしなければならなかったでつが、ウーバーの運転手とのやり取りもメッセンジャーで完結。

いくつものアプリを行き来する必要がなく、配車の手間が大幅に省けたでつ。

個人送金の機能も便利。

例えば、飲み会で立て替えた金額を友人に伝え、メッセンジャー経由で支払ってもらえるでつ。

メッセンジャーは銀行口座につながっているので(利用開始時に登録が必要)、支払われたお金がそのまま銀行口座に入金されるでつ。

「今度会った時に」ということもないので取りっぱぐれもないということでつなぁ~。

ビジネスシーンでの利用も広がっているでつなぁ~。

フェイスブックの認証を使って企業が顧客にメッセージを送れるでつ。

電子商取引(EC)サイトで買い物した際に、メールではなくメッセンジャー経由で購入完了の連絡と商品発送の連絡が来ることがあるでつ。

企業が利用するには審査があるけど、基本的に米国の流通サービス会社なら申し込めるでつ。

メールのように埋もれることもなく、非常にパーソナルな空間で顧客とやり取りできるでつ。

最後に今、最も注目されている新機能がパーソナルアシスタント「M」。

人工知能(AI)を利用したアシスタントサービスで、米アップルの「シリ」や米グーグルの「グーグルナウ」の対抗馬になるといわれているでつ。

他社と異なるのは質問に答えるだけでなく、日々の買い物やギフトの購入、レストランの予約、旅行の手配まで対応してくれる点。

メッセンジャーの追加機能とすることで、友人に聞くような気軽さでアシスタントに相談できるでつ。

すべてを技術に依存しているのではなく、人力と人工知能のハイブリッド。

やりとりのデータが蓄積されるにつれ、より早く、精度の高い対応が実現されるでつ。

現在ベイエリアの一部ユーザーに対して試験運用中。

パーソナルアシスタントMが全ユーザー解禁になるのを楽しみにしている人は多いでつなぁ~。

この数年で大きく伸びているメッセンジャーアプリがどのように進化するのか、日本の無料対話アプリ「LINE」も含めて注目。

メッセージ機能を超えたメッセンジャーアプリでは中国の「微信(ウィーチャット)」が先行しているでつが、16年はフェイスブックの猛追が予想されるでつ。

WiMAXは…

入らないのに曖昧なこと書いて入るような感じで書いて、LTEにも入るようにしてるでつなぁ~

ありってなんか詐欺ぽいでつなぁ~

早く使えるようにしてほしいものでつ!

電力自由化で…

意外と動きちゅうかあまり知られてない気がするけど…

通信会社が積極的に電力市場に出てきてるでつなぁ~

携帯とセット中のがいいかもでつなぁ~

見直しするけど…

携帯もいろいろと考えるんだけどなぁ~

そいと最近は、ワイファイのがいいみたいだC~

いろいろと悩ましてくれるでつなぁ~

無充電だと…

スマートフォン(スマホ)を使っていて最もストレスを感じるのは電池。
最近かなり改善されてきたけど、それでもうっかり充電し忘れて寝てしまうと、翌日はバッテリー残量を気にしながら使わなければならないでつ。
米ラスベガスで開催中の家電見本市「CES」で、KDDIと同社が出資した米オシア(ワシントン州)が展示した「Cota(コタ)」は、
ケーブルを挿し込まなくても無線で電力を飛ばしスマホが勝手に充電されるという夢のような製品。
帰ると勝手に充電されてると嬉しいでつなぁ~
展示会場では、ゴミ箱ぐらいの形の送電ステーションから電力を飛ばして、スマホや単3電池に充電する様子をデモしていたでつ。
送電できる範囲は半径10メートル程度。

条件がよければスマホなら「1時間に20~25%の充電が可能」。
同時に複数の端末を充電可能で、スマートウオッチなど充電すべき機器が増えても大丈夫。
送電ステーションと電気を受ける側の端末の間では制御に必要な通信をしているでつ。
それにより、スマホや単3電池側の残量などを一括で管理したり、充電のオン/オフなども別の端末から操作することが可能となるでつ。
充電すべき端末はauIDにひも付ける形で管理でき、例えばコタ対応端末を持った友人が来訪しても自分の送電ステーションから勝手に充電されるようなことはないみたい。
送電ステーションが発した電波は、壁などに反射しながらスマホや単3電池の場所を測位し、電気を送るようになっているでつ。
仮にスマホと送電ステーションの間に壁など遮るものがあっても、反射して電波が届けば電気を送ることが可能。
会場のデモでも、スマホと送電ステーションの間に手をかざすと、送電が一瞬ストップするでつが、数秒後には送電が復活する様子を確認できたでつ。
スマホに簡単に追加できるみたい…
送電する周波数としてWi-Fiなどで使われている2.4ギガヘルツ(GHz)帯を使用。
このため、スマホに内蔵されているアンテナを流用することが可能となるため、端末メーカはコタ対応のチップを内蔵するだけで、無線充電に対応することができるでつ。
ただし、「効率よく電気を受けるにはアンテナの配置などは工夫した方がよい」みたい。
量産化すれば、チップ自体は1~2ドル程度のコストで済むみたい。
無線を使って送電をするということで、アメリカでは試験結果を米連邦通信委員会(FCC)に申請し、認可を得る段階。
認可されれば、今年中にもチップを出荷して対応端末が登場する準備が整うでつ。
日本では、「2.4GHzの電波で送電することが法的に整備されていない。電波法などの法整備が必要となってくる」
法整備の次は、いかに端末メーカーに対応チップを載せてもらうかという政治的な動きも必要になってくるけど、
将来的にはかなり夢のある技術でつ。
まぁ~こりからのモバイルでは必須の技術でつなぁ~

ショップで…

対応が全く違いますなぁ~

そりにスマートバリューとか面倒な手続き多いし…

au富雄の店長のいい加減な対応のおかげでエライ迷惑受けてるから、ショップはきちんとしてるとこにしないと…

最近は…

ワイファイのが便利なのかなぁ~

アップルのダウンロードは、WiFiだけしか見れんし…

ポケットだと持ち歩くのが面倒なんだなぁ~

悩むなぁ~

やっぱり外部メモリがつなげれるちゅうのは便利な機能だなぁ~

WiFiももポケットに入れておけばということなら、ノートもありだなぁ~

やっぱり5万以下くらいでということでつなぁ~

手帳型があるといいけど…

やっぱり、iPhone以外は、イマイチだなぁ~

ギャラクシーもいいけど…

ザウルスが復活しないかなぁ~

薄くなればいいと思うだけど…

手帳型のモバイルが出るといいなぁ~

PDAになるのかなぁ~

ガラホー

ガラ系とスマホーが合体した製品でつなぁ~

価格はどうなのかなぁ~

ちと見に行くかなぁ~

キーボードかなぁ~

モバイルでも、やっぱりキーボートがいいかなぁ~

タッチもかなり打ちやすくなったけど、なんとなく…

慣れもあるけどね!

電子版お試し

日刊工業新聞をお試ししたでつ。

売店では売ってないし、内容も本誌より濃いそうだC~

価格も安いけど、紙ベースほど読まないなぁ~ 流してしまう感じ…

世界のスマホー市場

世界市場での存在感が薄い国内メーカーのスマホだが、国内市場では依然として人気を誇っているでつ。

2014年の実績では50%以上のシェアを占めるiPhoneが断トツなのは不変。

だけど、それ以下は2位ソニー(14.2%)、3位シャープ(11.4%)、5位京セラ(4.5%)と国内メーカーが上位を占めてるでつ。

世界市場で人気の高い中国・韓国製のスマホは4位にかろうじてサムスン電子が入っているものの、日本製スマホに根強い人気があることがわかるでつ。

日本製スマホに支持が集まる理由は、国内メーカーに対するブランド認知度や信頼性が高いため。

「数年前にガラケー(従来式携帯電話)の延長として、おサイフケータイや赤外線通信機能が付いた日本のスマホを購入したユーザーが、引き続き支持し続けている」。

一方、韓国や中国勢は「サムスンには、日本向け製品の戦略に一貫性や持続性がない。

中国メーカーは低価格モデルが大半で高機能モデルが人気の日本では数量が伸びない」

機能やデザインの面でも日本製スマホに対する評価は高い。

「ソニーは薄くて軽いですよ、シャープは液晶の縁が狭くて小ぶりですよ、と製品の特徴をトークに織り交ぜてダメ押しすれば、たいてい買います」

国内メーカーにとって日本市場の魅力は大きい。

昨年から格安スマホが盛り上がっているとはいえ、販売台数で見るとまだまだ大手通信事業者経由での販売が圧倒的。

大手通信事業者経由の場合は、2年契約付きの条件で実質タダ同然で高価格帯の機種ばかりが売れる。

「日本では高価格帯の製品が売れるため、収益が出やすい」状況。

国内スマホ市場は13年の3031万台から14年には2654万台に縮小しているでつ。

全体で見ると厳しい状態には違いないが、東芝・NEC・パナソニックといった有力メーカーが相次いで撤退したことで生き残った国内メーカーにとって販売台数を確保しやすくなっているでつ。

たとえば、国内3位のシャープでは2年続けて300万台を超える販売を国内だけで確保。

経営再建中のシャープにとっても、今やこうしたスマホは収益の柱となっているでつ。

スマホを含む通信事業の14年度営業利益は165億円で、前年度比の4.2倍に成長。

「スマホは下げ止まり感がある。(市場の伸び悩みで)徐々に売り上げが落ちていく可能性はあるが、利益は確保しやすい」と期待がかかるでつ。 

だけど、国内市場が縮小する中ではいつまでも安穏としていられないでつ。

SIMロック解除の義務化もあり、今後は海外と同じように中国や台湾製の格安スマホが徐々に普及してくることが予測されるでつ。

各社が狙うのは海外市場への進出。

もちろんソニーのように、欧州をはじめとする海外市場で中国・台湾メーカーに真っ向から勝負をする会社もあるでつ。

だけど、それ以外の多くのメーカーは「一点突破」の独自技術で商機を見いだそうとしているでつ。

「アップルとサムスンが2強の海外市場で生き残りをかけるには独自機能を打ち出すしかない」

その京セラが米国市場で勝負するのはタフなスマホ。

内部の基板や液晶画面を保護するために樹脂で周囲を覆い、あらゆる角度からの衝撃を吸収する。浸水・粉じん・衝撃・湿気のほか、米国向けの一部機種では「石油プラントなどでも使用できるように、引火や誘爆することのない防爆の耐性も持たせた」。

最新機種では、24時間5%の塩水を噴霧した後で乾燥させる、マイナス10℃の冷却水で6mm厚の氷が張るまで氷結させるなど、米国国防総省の基準による19項目の耐久試験もパスする頑健さを持たせているでつ。

現場の声を取り入れ、トランシーバーのように対話するため側面にボタンを付けたでつ。

画面の振動で音を伝える「スマートソニックレシーバー」も搭載し、騒音が多い場所でも相手の声が聞き取りやすくなっているでつ。

こうした工夫で、2010年のスマホ発売から着実に米国市場に浸透し、今では販売比率が国内「6」に対して米国「4」というレベルにまで達しているでつ。

1411月にはカナダ、15年1月に中南米、4月から欧州と米国以外にも販路を拡大し、欧州でも「日本のメーカーの品質の高さ、安心感を訴える」ことで信頼の獲得を目指すでつ。

デザイン性でインドネシア市場への売り込みを狙うのがシャープ。

海外向け製品「アクオスクリスタル」の最大の特徴は、画面の縁をほとんどないほどまでに薄くしたスリムな外観。

iPhone6と同じ本体の幅で、より大きな5型の画面を搭載しているでつ。

インドネシアには「数十年続くシャープの白物家電の工場があり、周辺の国と比べて家電製品のブランドが浸透している」。

首都ジャカルタの街中には大きなシャープのロゴの看板があり、ショッピングセンターの家電売り場でもシャープ製品が目立つ位置に並ぶでつ。

浸透したブランド名を付けたスマホならば勝算ありと5月末から発売。

将来は家電と連携させる機能も追加することで訴求し、17年中に同国のシェアトップ3を目指すと強気の目標を立ててるでつ。

プラントも…

モバイル化、スマート化されてるでつなぁ

光回線セット割で通信料節約

家庭全体の通信料金を引き下げるうえで検討すべきなのが、光回線とスマホのセット割引。

これまではauが提供してきた「auスマートバリュー」の独壇場だったでつが、20153月にNTTドコモが「ドコモ光パック」で、応戦。

選択肢が広がるなか、どのケータイキャリアを選ぶのが最も得なのか。 光回線のセット割について3大キャリアの代表的なプランを、単身世帯と2人世帯、4人世帯の場合で比較したデータがあるでつ。

大きく異なるのは、ドコモが料金パックの種類によって割引額が5003200円に固定されているのに対し、auは回線数に応じた割引を受けられること。つまり、仕組みの上では人数が多いほど得になるということになるでつ。

人数増えるとドコモ優位になるでつ。

料金比較を見るとわかるように、少人数世帯でデータ容量を抑えたプランを選ぶと、auの優位。

2人世帯の標準的なデータ使用量を想定した組み合わせ(合計7GB程度)なら、ドコモより月額2000円以上も安くなるでつ。

こりはドコモのシェアパックが10GB以上しか設定がなく、2人世帯にとって割高になっているから。

ところが、人数が増えるとドコモがやや優位。

シェアパックを使うことで、データ容量を効率よく分けられる強みが生きてくるでつ。

さらに25歳以下の家族がいる条件で考えると、25歳以下のユーザーはスマホ料金が毎月500円引きになるうえ、20155月末まで加入できる「U25応援特割」(注:新規契約またはMNPが対象)により、家族全員が12カ月間毎月1350円引きになるでつ。

 

しかも、他社からの転入には割引が積み増しされる。データ容量15GB4人でシェアするプランで試算すると、ドコモのほうがauより安くなったでつ。

すでにNTT東日本かNTT西日本の「フレッツ光」に加入しているなら、ドコモのセット割への申し込みは簡単。

工事の費用と手間がなく、キャリア提供のプランに切り替えて割引を受けられるのは便利。

格安スマホの弱点は通話料金 半年以上の縛りも 

格安スマホに乗り換えを考える際に検討すべきは、データ通信専用プランにするか、通話にも対応するプランにするかになるでつ。

通話対応プランを選んだ場合に注意したいのは通話料金通

話時間が1時間を超えると携帯電話会社の「かけ放題」プランの方が割安になるでつ。

また、通話対応プランの多くには、半年以上の「縛り」がある点も覚えておきたいとこでつ。

 

さらに、データ専用タイプはSMS(ショートメッセージサービス)対応の有無で2種類に分かれるでつ。

SMSは、短いメッセージを電話番号宛てに送るサービス。

電話番号で端末を認証する手段としても使われるでつ。

LINEの認証にも使うので、LINEを使いたいならSMS対応が必須。

SIMのサイズは3種類で、端末とセット購入なら気にしなくて構わないでつ。

個別に用意する際は注意。

速度制限で異なる3つのタイプ

料金プランは、携帯電話会社とは料金体系が異なるでつ。

高速で通信できる容量が抑えられており、既定の容量を超えると速度が制限されるでつ。

制限時の速度は200kbpsが標準的。

ネットやメールには支障はないが、地図表示や動画再生には厳しいでつ。

制限の仕方によって、「日次」「月次」「使い放題」の3タイプ。

「日次」は1日の高速データ通信容量が決まっているタイプ。

例えば110メガ/1日のサービスなら、その日に110メガを超えると速度制限され、翌日0時に元の速度に戻るでつ。

データ通信を毎日決まった使い方をする人に向くでつ。

月次」は、高速データ通信の容量が1カ月単位で設定されているタイプ。

3ギガ/月のサービスなら、1カ月に3ギガまでは高速で使えるでつ。

データ通信を多く使う日と、使わない日が1カ月の中で混在する人に向くタイプ。

プランによっては、容量を使い切ったときに有料で容量を追加できる「チャージ」や、逆に残った容量を翌日・翌月に回す「繰り越し」が用意されているでつ。

 

6730秒」以上の通話でかけ放題に負けるでつ。

格安スマホの弱点は通話料金の高さ。

携帯電話会社の従来型のLTEプランと同じで、3020円かかるでつ。

携帯電話会社の新料金プランの「かけ放題」プランは月額2700円なので、単純計算で6730秒を超えて話すと割高になるでつ。

通話が多い人は携帯電話会社のかけ放題プランを使い続けた方がいいでつなぁ~。

データ通信専用の格安SIMの売り文句は、契約期間の“縛り”がないこと。

だけど、音声通話付きのSIMには、半年から1年の最低利用期間が設けられていて、短期で解約すると1万円前後の費用がかかるでつ。

端末が故障したときの補償や、操作方法が聞きたいときなどの有料サポートも各社で対応がまちまちなので、サービスごとの違いをチェックする必要があるでつ。

2台持ちか乗り換えか 格安スマホお勧め3プラン 

月々の支払いが半額以下と、圧倒的に安くなる格安スマートフォン。

とはいえ、“格安”の名の下にさまざまな端末や料金プランが提供されていて、総支払額の差がわかりにくいのが実情。

そこで今回は、ユーザーを3つのパターンに分類し、それぞれのパターンで格安スマホに移行したときのメリットとデメリット、1カ月の支払額の目安に比較してるでつ。

 

3つのパターンは、(1)「現在はガラケー」→「ガラケーと格安スマホの2台持ち」、(2)「現在はガラケー」→「格安スマホに乗り換え」、(3)「現在は大手携帯電話会社のスマホ」→「格安スマホに乗り換え」――というもの

 結論から言えば、携帯電話会社のガラケーやスマホからの乗り換えで、年間3万円を超える節約も可能。

携帯電話会社のメールアドレスが使えないなど、多少のデメリットに目をつぶれば、コスト面のメリットは大きいでつ。

1.ネットを格安スマホに任せる「2台持ち」

対象は、これまでガラケーで通話やメール、データ通信もこなしていた平均ユーザー。

通話とメールはガラケーのままで、データ通信専用の格安スマホを加えるプラン。

モデルケースでは、格安スマホを追加しても月間の支払額はほとんど変わらない。

従来ガラケーで行っていたウェブ閲覧やメールなどのパケット通信代で、格安スマホのデータ通信専用プランの料金をある程度まかなえるでつ。

月々の利用料をとにかく抑えたいなら、モデルプランで取り上げた「ワイヤレスゲート スマホセット」のように、通信速度が低速で使い放題のプランと、海外メーカーの低価格スマホのセットが選択肢。

大手メーカーのスマホで、かつ高速データ通信が含まれる月額2000円前後のプランもあるでつ。

2台持ち”さえ気にならなければ、最も手軽にスマホデビューが可能。

2.「通話付き」の格安スマホへMNP

ガラケーから格安スマホにMNPするのがパターン2

ガラケーをよく使っている人で、パケット定額プランの上限額を支払っていたと仮定すると、格安スマホに乗り換えれば確実にお得になるでつ。

この場合、格安スマホは音声通話、メール、ウェブ閲覧とデータ通信をすべてこなせる「音声通話付き」のプランを選ぶでつ。

月間2ギガから3ギガの高速データ通信が使えるので、スマホ初心者なら十分な容量。

端末は売れ筋の機種を選んでも、月額2700円程度から利用できるでつ。

これまでのガラケーのパケット通信料が2000円を超えているなら、格安スマホへ乗り換えるメリットは十分あるでつ。

「使い放題プラン」でも割安に

最後のパターン(3)は、すでに大手携帯電話会社のスマホを使っていて、コスト節約のために格安スマホへ機種変更したい人のケース。

旧料金プラン(かけ放題になる以前)では、基本料金とネット接続料の合計が約1000円、パケット通信料は月間7ギガ使えて5700円が標準的。

およそ7000円程度かかっていたわけ。

格安スマホなら、音声通話付きで高速データ通信の容量が多いプランが対象になる。高速通信の制限がない“使い放題”のプランでも、端末代も含めて月額4000円程度から利用できるでつ。

充電器

長い時期使ってると…

こりもある程度、統一してほしいけど…

こりだけ変わるとちと困るなぁ~

娘さんは偉いでつなぁ~

モヤさまシール、三村の娘さんは使うみたいでつなぁ~

えらいでつなぁ~

大竹はちと

ラインスタンプ

モヤさまのラインスタンプでつ。

いろいろとネタあるでつなぁ~

まだまだ増えそうでつなぁ

スマフォーがないと…

会社でiPhone使ってたけど、ちと事情があって…

まぁ~ガラ系でもと思ったでつが、意外と不便でつなぁ~

便利なものを使ってしまうと、後が大変でつなぁ~

だけど今はみんな指でシャーでつなぁ~

タブレットはいちいちカバンとかから出さないといけないけど、スマフォーはポケットに入れればいいから、出しやすさでは上でつなぁ~

だけど時計型が進歩するとまた主役が変わるのかなぁ~

携帯って普及し始めてまだ20年だけど、世代交代も早いでつなぁ~